上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさびさの更新です。
今日はmudboxのディスプレイスメントマップの書き出し悪戦苦闘しておりました。
下はテスト用に作った球をスカルプトしたものです。
work_0627_01

そして書き出し。

work_0627_02

extraction options の中のチェックを全部はずすとなんかうまくいきました。
書き出す時の拡張子はTIFFの32bitで書き出してます。

出来た画像をSIに持っていってレンタリングしてみました。
work_0627_03
ポリゴンのエッジが見えてるのが気になりますがテストなんでこれで良しとします。
SIでのディスプレスメントマッピングの適応方法には3D totalのチュートリアル記事を参考にしました。
ちなみに画像の書き出しを8bitでも書き出してみたのですが
work_0627_04
こんな感じに全体が肥大した感じになり思い通りの結果にはなりませんでした。画像の色情報量が全然違うんだから当たり前か・・・・orz
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。