上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさびさの更新です。
今日はmudboxのディスプレイスメントマップの書き出し悪戦苦闘しておりました。
下はテスト用に作った球をスカルプトしたものです。
work_0627_01

そして書き出し。

work_0627_02

extraction options の中のチェックを全部はずすとなんかうまくいきました。
書き出す時の拡張子はTIFFの32bitで書き出してます。

出来た画像をSIに持っていってレンタリングしてみました。
work_0627_03
ポリゴンのエッジが見えてるのが気になりますがテストなんでこれで良しとします。
SIでのディスプレスメントマッピングの適応方法には3D totalのチュートリアル記事を参考にしました。
ちなみに画像の書き出しを8bitでも書き出してみたのですが
work_0627_04
こんな感じに全体が肥大した感じになり思い通りの結果にはなりませんでした。画像の色情報量が全然違うんだから当たり前か・・・・orz
スポンサーサイト
ハロウィン企画、ぎりぎり間に合いました。

他のユーザーの作品がどれも力作ばかりで投稿するのを少しためらいました。

さて、途中で止めていたゼクロムの制作を再開しようと思うのですが今見直したらなんか変な感じがするんでまだ完成はしそうにないです。
ゼクロムの進行状況ですが、あれからまったく進んでません。ゲームのほうはだいぶ進みましたが。
やっぱり角二本だとあまりにも似てなかったので角を一本にして、それからところどころパーツを足してってたらだいぶ時間をロスしましたorz
今やっとUV展開まで終わったのでmudboxに持ってきてやっとディティールを詰める作業に入れそうです。
work_1016

がっ、もうすぐkappaさん主催のハロウィン企画の時期が迫ってきたのでそっちの方を作るためしばらく作業中断です。
ハロウィン企画ではこんな感じの狼少女を作りたいと思ってます。

work_1016_2d

誰ともかぶってないこと祈るばかりです・・・。
というか間に合うんだろうか?
やっと原型が出来ました。
こっからmudboxにもっていってディティールアップしていきます。
work_0924
作ってる途中で気づいたんですがゼクロムの角って1本だった・・・orz
ポケモンのタイトル画面の3Dのゼクロム見て気づいた。
でも、このまま進めていこうと思います。
せっかく手に入れたmudboxをぜんぜん使ってなかったので、慣れるために今色々つくってます。
やっぱりスカルプティングは楽しいです。モデリングのほかにもモデルに直接ペイントできるのですごく直感的に作業ができるのも良いです(^0^)
work_0524

vimeoなんかで海外のデモリールとか見ると作りこみがすごい物ばかりでいい刺激になります。

ゲーム「kill Zone」のモデリングリール

Modelling Reel from Marcos Domenech on Vimeo.



mudboxのペインティングのデモ

Mudbox 2009 Painting Capabilities Demo from Wayne Robson on Vimeo.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。